« スタッフの人員充実による診療の向上 | トップページ | トリートメントケアにより、心地よさと健康増進を図る »

自費メインテナンスの導入による予防歯科の徹底

皆様こんにちは、山本美智子です。

今日は、今年の抱負 4) についてご説明します。

4)自費メンテナンス導入による予防歯科の徹底

全ての病気に関して言えることですが、
予防は非常に大切なことです。
当院では以前よりその重要性に着目し、
予防歯科の勉強をして、実践してきました。

具体的には講演会や本だけでなく、
予防歯科の当代一のリーダーでいらっしゃる
熊谷崇先生のセミナーコースのため、
遠く酒田市の日吉歯科医院に何度も通い、
修了後は、アドバンスコースとして、
スエーデンのマルメ大学にも行き、
講義を受けてきました。

予防を実践するには、まず現状のデータを把握し、
起こりうる事の予想をたて、
事前に問題の惹起を防ぐ方策を施します。
さらには元よりもよい状態にすることが、
求められます。

当院では初診時に、レントゲンや歯周病の検査のほか、
全員の方の口腔内写真(12枚法)を撮るなどして、
データを患者様と共有しています。

ただ、他にも唾液検査で、
歯周病や虫歯のリスクをしらべたり、
より詳しい歯肉の検査をしたり、
写真やグラフを多用して
ビジュアル的に分かり易いご説明をしたり 、
生活習慣にまで及ぶ改善の御提案をしたり… …、と
やるべきことは沢山あります。

しかしこれらのことは現行の保険診療では、
できないことが多いのです。
いままで、当院の努力で、
できるだけのことはしてきましたが、
限界があり、自費をいただいて、
患者さまのためになる、
よりよい予防歯科診療を すべきとの、
結論になりました。

そこで、誠に心苦しいのですが、
4月より自費のメインテナンスを、
導入させて頂くこととなりました。

詳しい事はまたご連絡させていただきますが、
必ずご納得の頂けるシステムとなるように、
努力いたします。
どうぞご期待下さいませ。


Img_0087


Img_0093


Img_0091


|

« スタッフの人員充実による診療の向上 | トップページ | トリートメントケアにより、心地よさと健康増進を図る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事